青魚の摂り方/眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典

眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典
Top青魚>青魚の摂り方

青魚

◆青魚の摂り方
生もしくは、冷凍したもの、干した物を焼いて食べるのが通常である。

サンマやししゃもは、内臓まで食べられるので、それらもしっかりと摂りたい。

刺身でも大変、美味しい。特に、生の刺身には加熱していないが故に、酵素を摂ることができるので、定期的に摂りたい。

またサバも値段が安く、優れた食材である。
サバには、EPAビタミンB2、カリウムなどを豊富に含んでいる。EPAは他の青魚に比べても大変豊富で、アジの3倍も含まれている。

血液をさらさらにするものとしては、タマネギ、納豆やにんにくが有名であるが、テレビの「ためしてガッテン」によれば、サバの血液さらさら効果はダントツである。血液さらさら表

サバは値段も安いので、摂りやすいという観点からも非常にすぐれた食材と言えよう。
缶詰であれば、長期保存もきく上に、骨ごと食べられるというメリットもある。値段も安い。

缶詰の中で、おいしく食べられるのは、やはりサバの味噌煮の缶詰であろう。味噌から大豆の栄養も摂ることができる。
さんまは、缶詰よりも、焼いて食べた方がおいしい。
さば味噌煮 さば缶詰
DHA1900mg、EPA1200mg摂ることができるサバ缶詰 安くて、手軽に食べられる缶詰も利用しよう
・コラム
・用語
Copyrights (C) 疲れ目解消の知恵辞典 All Rights Reserved 2008