アスタキサンチンとは/眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典

眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典
Topアスタキサンチン>アスタキサンチンとは

アスタキサンチン

◆アスタキサンチンとは

アスタキサンチンは野菜や海洋生物に存在する天然の赤色色素である。

ルテインゼアスキサンチンと同様、カロテノイドの中のキサントフィルに位置づけられる。

カニ・エビなどの甲殻類や、それらをエサにする・サーモン・ニジマスなどの身や鯛(タイ)や鯉(コイ)の皮に多く含まれる。いくらなどの魚卵にも多く存在している。

アスタキサンチンはカロテノイドの一種で植物や微細藻類か生産している。動物は体内合成できず、植物や藻類からカロテノイド色素を得ている。

溶解性は油溶性。

体内ではいると、一部はビタミンAに変換される。
スポンサードリンク
・コラム
・用語
Copyrights (C) 疲れ目解消の知恵辞典 All Rights Reserved 2008