目の疲れ解消、眼病予防のためのさまざまな情報を提供します/眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典

眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典
Top>コラム>目に優しいデジタル機器 ー アマゾンキンドル<Kindle>

目に優しいデジタル機器 ー アマゾンキンドル<Kindle>

アマゾンのキンドルは、いわゆる電子ブックを読むための電子書籍リーターと呼ばれるものである。

一見、タブレットのような画面であるが、その画面は、一見しただけでも、通常のタブレットとは明らかに異なる画面に驚くはずである。
それは、このキンドルの特徴は実際のインクを使用して表示しているというディスプレイにある。
モノクロの液晶に表示される文字は、まるで紙の書籍を見ている感覚に近い。
ブルーライトゼロで、バックライトもベーシックのキンドルはついていない。光を全く発していないのである。ちらつきもゼロ。
キンドルのペーパーホワイト以上のものでは、バックライト(キンドルではフロントライトと呼んでいるが)がついているが、サイトによればバックライトを消して使うこともできるようである。(私が持っているのは通常のキンドルなので未確認であるが)

私も早速、購入してみたが、やはり全く目が痛くならない。スマホやタブレットのように、目が辛いなという感じがまるでないのである。
こういうインク方式のワープロやパソコンがあれば欲しいなとつくづく思うほどである。

ただ電子書籍リーターで本を読むというのは抵抗がある方もいるかもしれない。
やはり同じ値段を買うのなら、紙の書籍を買った方が特だという意識が出てくる。

最初は私も、興味半分でキンドルを買ったものの、無料のものや、読み放題サービスのものばかり読んでいた。
読み放題サービスでは、やはり品揃いも悪く、名だたる作家のものはまずない。
プライム会員になれば、月に一冊無料で読めるというが、こちらも品揃えが悪く、しかも読み放題サービスを契約している方は、その対象作品がほぼ同一なので、メリットがない。

しかし、数ヶ月使い続ける内に、次第に考え方が変わってきた。
紙の本は場所はとるし、持ち運ぶにしてもかさばるし、また読むのには両手を使う必要がある。また食事をしながら読む場合でも、本が閉じないように手で押さえながらで不便だ。
とくに持ち運びの際にかさばるために、ついつい本棚に片付けてそのまま読まずにしまい込んでしまうということが多い。
そして数年たつと、色があせ、カビがつき、処分することになる。

一方、キンドルで購入した本は、片手で読めるので通勤電車の中でも余裕である。しかもキンドルを持ち運ぶということは、本棚を常にカバンの中に入れて持ち運ぶということである。
ちょっとした隙間時間に、さっと取り出し、いつもでどこでも読める。
「ああ、これはまだ読んでいなかったぞ」とすぐにさくっと読めてしまう。
しかも場所も取らず、カビることもない。一度買った本は、永久にいつでもどこでも読めるし、辞書代わりに保持しておくことができる。
また、複数のキンドルを所持していれば、どのキンドルでも購入した本を読むことができるので、家族で本を共有することもできる。
またスマホやタブレットでも、アマゾンの同じアカウントでログインをすれば、同様に購入した本を読むこともできる。
キンドルを購入してからというもの、本を読む量がぐんと増えたことをすぐに実感できるはずである。

目が疲れないだけでなく、そうした大量の本をいつでもどこでも持ち運んで生涯読めるこのアマゾンのキンドルは、是非、本好きの方には試してもらいたいと思う。

なお、私が使用しているのは、「Kindle (Newモデル) Wi-Fi、ブラック、キャンペーン情報つきモデル、電子書籍リーダー」であるが、テキストだけの本出あれば問題ないが、雑誌や漫画を読みたい方には、解像度が粗い上に、表示も遅くなるので、最低でも「Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック」以上のクラスを購入した方が無難であろう。
キンドル
Kindle (Newモデル) Wi-Fi、ブラック、キャンペーン情報つきモデル、電子書籍リーダー
・用語辞典
Copyrights (C) 疲れ目解消の知恵辞典 All Rights Reserved 2008