目の疲れ解消、眼病予防のためのさまざまな情報を提供します/眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典

眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典
Top>コラム>くも膜下出血と目の症状

くも膜下出血と目の症状

先日、白い巨塔で主役をつとめた田宮次郎の息子である田宮五郎がくも膜下出血で亡くなった。

報道されるところによると、2012年にくも膜下出血で倒れ、手術でなんとか命をとりとめ、再復帰に向けリハビリに励んでいたおり、2014年に再び、くも膜下出血を再発し、帰らぬ人となったようである。
47歳という若さで、これからが期待されていた俳優だけに、その死れを惜しむ声は強いようである。
2012年には、レスリングの吉田さゆり選手の父親(61歳)もくも膜下出血で亡くなったことはテレビでも盛んに報道されていたので、知っている方も多いであろう。

小室哲哉の奥さんであるglobeのKEIKOも39歳という若さでくも膜下出血で倒れた。

かなり昔のことであるが、私の祖母もくも膜下出血で倒れた。
なんとか手術で一命をとりとめ、運良く後遺症も起きずに事なきを得た。

50代がピークで、特に女性に多い病気であると言われている。

典型的な症状は今までに経験したことがないような頭痛が突然、起きると言われているが、高齢者の方はあまり痛みを感じないこともあるなど、痛みも必ず起こるとは限らない。

くも膜下出血を起こすと、3割から4割で死亡するという恐ろしい病気であるが、予防法としては、高血圧に注意することぐらいしかなく、塩分を控えることが重要である。また、喫煙をすると動脈硬化が進み、血管が破裂しやすくなるとも言われているので、喫煙も避けたほうがよい。
そういえば、私の祖母は漁村の村に住んでおり、いつも塩分の多い魚を食べ、そしてタバコも結構吸っていた。くも膜下出血で倒れたのも50歳過ぎであったので、とてもハイリスクな状態であったといえる。

くも膜下出血は前兆らしき前兆もなく、突然、起こると言われているが、それでもいつくかの前兆が起きることがあると言われている。

前兆として血圧が乱高下するといったことも言われているが、目に前兆が起きることもあると言われている。

目がもやもやする感じがしたり、目が痛い、二重に見える、まぶたが下がるといったものである。

目が痛いだけでは、そうした症状がよくある方には前兆と言えないかもしれないが、高血圧の方が、目に上記のような症状を感じたら、念のために病院で診てもらったほうがよいであろう。
・用語辞典
Copyrights (C) 疲れ目解消の知恵辞典 All Rights Reserved 2008