ドライアイの治療法(手術)/眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典

眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典
Topドライアイ>ドライアイの治療法(手術)

ドライアイ

◆ドライアイの治療法(手術)
ドライアイがあまりにひどい場合は、手術という方法もある。
これは、涙点プラグという直径0.6〜0.8mm程度シリコン製の小さなプラグを涙点に取り付けて涙の量を調節する方法である。

涙は涙腺から出て、その90%は涙点へと排出される。
涙点とは目頭にある涙を鼻腔に流す微少な穴であり、涙はこの涙点から鼻腔に排出されている。このことは私たちは日頃はあまり意識していない事実であるが、泣いたりすると鼻からも鼻水がたくさん出るのも、涙点を通って鼻腔に涙が大量に流れ出すためである。

涙点は目頭の上下に2つある。ここにこの涙点プラグで栓をして、涙の排出を防ぐのである。
手術といっても、目薬で麻酔をかけて行う10分程度の簡単なものであり、入院の必要もない。
保険の適用もあるし、合わないときにはずすことも簡単である。
但し、涙点プラグははずれてしまったり、違和感を感じることもある。
この手術は、簡単でドライアイの治療には一定の効果がある方法である。

なお、涙点プラグはシリコン性が通常であるが、最近ではにコラーゲン性のプラグもある。コラーゲン性のものは、突起がなく違和感がないというメリットがあるが、2ヶ月ぐらいで溶けてしまうので、一時的な処置となる。

・コラム
・用語
Copyrights (C) 疲れ目解消の知恵辞典 All Rights Reserved 2008