緑内障を引き起こす副作用のある薬剤/眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典

眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典
Top>緑内障.>緑内障を引き起こす副作用のある薬剤

緑内障

◆緑内障を引き起こす副作用がある薬剤
緑内障の方には禁忌または慎重投与の薬、または緑内障を発症させる副作用がある薬がある。抗コリン作用のある三環系抗うつ薬や睡眠薬、ステロイドといったホルモン剤系統の薬では珍しいことではない。

抗コリン作用とは、神経伝達物資であるアセチルコリンの働きを阻害する作用のことをいうが、抗コリン作用のある薬剤は、散瞳を引き起こすため、房水の排出が悪くなり、急性閉塞偶角緑内障の症状を悪化させるとされている。
(緑内障を悪化、または引き起こす副作用があり、緑内障患者には禁忌の薬の例)
・三環系抗うつ薬は基本的には眼圧を上昇させるおそれがあり、急性狭隅緑内障の方には禁忌である
三環系抗うつ薬
塩酸イミプラミン (製品名) トフラニール、クリテミン
塩酸クロミプラミン (製品名) アナフラニール
マレイン酸トリミプラミン (製品名) スルモンチール
塩酸ロフェプラミン (製品名) アンプリット
塩酸アミトリプチリン (製品名) トリプタノール
塩酸ノルトリプチリン (製品名) ノリトレン
アモキサピン (製品名) アモキサン

・ベンゾジアゼピン系睡眠薬は基本的には眼圧を上昇させるおそれがあり、急性狭隅緑内障の方には禁忌である
ベンゾジアゼピン系睡眠薬
ニトラゼパム (製品名) ネルボン、ベンザリン
フルニトラゼパム (製品名) サイレース、ロヒプノール
ロルメタゼパム (製品名) ロラメット、エバミール
トリアゾラム (製品名) ハルシオン
塩酸フルラゼパム (製品名) ダルメート、ベノジール
ニメタゼパム (製品名) エリミン
ハロキサゾラム (製品名) ソメリン
ミタゾラム (製品名) ドルミカム
クアゼパム (製品名) ドラール
精神科で処方される薬には、上記以外そにも緑内障を悪化させたり、緑内障の原因となる眼圧をあげる薬剤が多々あるので、要注意である。

(その他の緑内障患者が注意すべき薬剤)
・塩酸トラゾドン(デジレル、レスリン)緑内障患者には慎重投与

そういう薬を飲んでいる方は、時々、眼科で受診してほしい。
この手の薬が処方されても、、まず、病院で「この薬は緑内障を引き起こす副作用もあります」なんて説明はまずされない。
私もPKRの手術後、処方された目薬を、かすみがとれずに”念のために”という理由で手術後1年半以上も使用し続けたが、ある時、薬の本をみて、その目薬に眼圧をあげる副作用があることを知り、驚いて中止した。
もちろん、医師からは何の説明もなかったことは言うまでもない。

レーシック手術においても、術後はリンデロンやサンベタゾンといったステロイド剤の目薬が処方されるが、その手の目薬には眼圧亢進や白内障といった重大な副作用がある。
要注意である。
・コラム
・用語
・参考文献
Copyrights (C) 疲れ目解消の知恵辞典 All Rights Reserved 2008