卵の優れた成分/眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典

眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典
Top>卵の優れた成分

◆卵の優れた成分

まさに、栄養の宝庫、神様というのにふさわしい。
それほど、ありとあらゆる栄養を含む。
良質のタンパク質を含み、必須アミノ酸(8つ)のすべてを含む。

ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンDなど、ビタミンC以外はバランスよくビタミンを含む。
鉄やカルシウムなどのミネラルも豊富である。

卵黄にはレシチンという脂質の一種が含まれる。レシチンは血液をきれいにし、血液のコレステロール値を正常に保ち、動脈硬化を予防する働きがあると言われている。

注目のルテインも含む。ルテインは現在、もっとも目によい成分として注目を集めているものである。卵黄の黄色はルテインの色素が関係している。
卵
アラキドン酸を多く含む。
人間の体内は60兆個もの細胞からできているが、アラキドン酸はその細胞膜を包む膜である細胞膜を構成するリン脂質に含まれる主要な物質の一つである。アラキドン酸がなければ細胞は働かなくなってしまうというほど重要な物質である。
アラキドン酸は、人体では肝臓、血液、皮膚に多く含まれているが、特に脳に多く、DHAとアルギン酸を添加したミルクは、DHAのみを添加したミルクよりも赤ちゃんの精神及び運動能力のより高い向上が期待できることがわかっている。

消化吸収率は97%(半熟卵)と大変良く、消化時間は一時間半ほどと短い。
但し、生卵にすると卵白の消化、吸収が悪くなる。固茹でにすると消化時間も長くなる。、
・コラム
・用語
Copyrights (C) 疲れ目解消の知恵辞典 All Rights Reserved 2008