ほうれん草の摂り方/眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典

眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典
Topほうれん草>ほうれん草の摂り方

ほうれん草

◆ほうれん草の摂り方
ほうれん草は長くゆでると、ビタミンCが失われるので、ゆで時間は1分以内にとどめると、7割は残る。

ルテインは熱に強いので、ゆでても損失はない。

ほうれん草を食べるときは、鰹節をかけて食べた方がよい。
ほうれん草には腎臓結石を作るシュウ酸が含まれている。 シュウ酸はゆでると溶け出すから、それほど心配はいらないが、カルシウムが豊富な鰹節をともに摂ることで、シュウ酸とカルシウムが結びつき、腎臓結石ができるのを防ぐ効果が期待できる。

ほうれん草があまり好きではない人は、ほうれん草と切り干し大根の和え物にして食べると、大根の酸味がきいてとてもおいしく食べられる。
作り方は、切り干し大根を水に水に漬けてもどして、茹でたほうれん草に加えるだけである。
ほうれん草のゴマ和え
たっぷりの鰹節とゴマをかけて食べよう
・コラム
・用語
Copyrights (C) 疲れ目解消の知恵辞典 All Rights Reserved 2008