レバーの効能/眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典

眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典
Topレバー>レバーの効能

レバー

◆レバーの効能

レバーにはたくさんの栄養素が含まれている。

レバーはビタミンの宝庫だと言われる。
ビタミンAビタミンB1、B2、B6、B12ビタミンCをはじめ、パントテン酸、ナイアシン、亜鉛、鉄分など健康の維持に必要な成分がぎっしり詰まっている。

そしてレバーは、自律神経の働きを高めて、肩こりや便秘を防ぎ、疲れ目(眼精疲労)目のかすみをとり、白内障緑内障を予防やする働きがあるとされている。老眼の改善にもよい効果があるとされている。

レバーには、また、肝機能を高める働きもあるとされる。まさに、肝臓を食べることにより肝臓をよくする効果が期待できるというものである。

肝機能と目の機能は密接に結びついていると考えられているので、レバーの持つ肝機能を高める働きは重要である。

肝機能が低下すると、目が疲れやすくなると言われている。また、白内障や緑内障、結膜炎、麦粒腫などにもかかりやすくなりとも言われている。

私も中華料理を食べに行ったときは、迷うことなく、レバニラ炒めを注文する。
断定はできないが、レバーを食べた後は、なんとなく目が疲れにくいように感じる。
・コラム
・用語
Copyrights (C) 疲れ目解消の知恵辞典 All Rights Reserved 2008