ルテインの抗酸化力/眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典

眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典
Topルテイン>ルテインの抗酸化力

ルテイン

◆ルテインの抗酸化力
私たちの身体には、活性酸素という悪玉酸素ができることがあり、これが体を酸化させ、老化やさまざまな病気の原因の原因になると考えられている。
そして活性酸素は目の細胞にもダメージを与え、さまざまな眼病の原因となっていると考えられている。

この活性酸素から目を守るには、抗酸化物質を積極的に摂る必要がある。
抗酸化物質は、体の中にはいると細胞の酸化を招く活性酸素と反応することで、体を活性酸素の害から守ってくれる役割を果たしてくれる物質である。

ルテインや、その異性体であるゼアキサンチンは強い抗酸化作用を持つ抗酸化物質であり、そういう観点からも重要な成分である。

米国農務省(USDA)の調査でも、”人の血中には13種類のカロテノイドがあり抗酸化物質として働いているが、ルテインとリコピンはもっとも効果のある抗酸化剤である”と発表している。

(一方、この調査の中で、ベーターカロチンは人体の血中からは発見されず、抗酸化剤として有効に機能しないとも述べている)
・コラム
・用語
・参考文献
Copyrights (C) 疲れ目解消の知恵辞典 All Rights Reserved 2008