リコピンの摂り方/眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典

眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典
Topリコピン>リコピンの摂り方

リコピン

◆リコピンの摂り方
リコピンは、トマトや柿、グミ、スイカ、パパイヤ、赤ピーマンなどに多く含まれる。

トマトで摂る場合は完熟したもののほうがリコピンを多く含む。

市販されているトマトは、身が青いうちに収穫されるが、トマトジュースは完熟したものを使用するので、トマトジュースを利用することで、手軽にリコピンを摂ることができる。

アメリカの超能力者であるエドガーケイシーも、「トマトは生ではなく、缶詰で摂った方がよい」と述べている。缶詰も完熟したものを利用していることが理由であるとも思われる。

リコピンは、脂溶性のため、カロチンと同じく脂肪分(油)といっしょに摂った方が吸収率が高くなる。よって、生のトマトで摂る場合は、オリーブオイルや油を含んだドレッシングをなどをかけて食べると、吸収がよい。
コラム
用語
Copyrights (C) 疲れ目解消の知恵辞典 All Rights Reserved 2008