目の疲れ解消、眼病予防のためのさまざまな情報を提供します/眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典

眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典
Top>NEWS>加齢黄斑変性啓蒙団体活動開始

加齢黄斑変性啓蒙団体活動開始

視野の真ん中が欠けて視力を失う「加齢黄斑変性(AMD)」の啓発活動や患者支援などを行う民間非営利団体(NPO)「AMDアライアンス・インターナショナル」(本部・カナダ・トロント)がこのほど日本での活動を開始、都内で記者会見した。日本語版ホームページも開設した。

 AMDは、加齢などによって網膜の中心にある一番鋭敏な黄斑という組織に障害が生じ、視力が低下する病気。日本では新たに年間五万人から七万人がかかるといわれ、年々増えている。

 同NPOは十年前に設立された。世界二十三カ国六十の医療関係者・研究者・患者団体から構成、各種啓発活動や研究、支援活動を行っている。

 会見では、症状や治療法のほか、早期発見できればそれだけ治療の選択肢が多くなることが強調された。カナダから来日した患者のベティ・アン・ベイカーさんも「ぜひこの病気のことを知ってほしい」と訴えた。

 詳細はホームページ=http://www.amdalliance.jp=で。問い合わせ先は=電話03(5706)6831(神谷・日本担当マネージャー)。

・コラム
・用語辞典
・NEWS
Copyrights (C) 疲れ目解消の知恵辞典 All Rights Reserved 2008