理化学研究所、ES細胞から人工網膜組織の3次元形成に成功/眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典典

眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典
Top>NEWS>理化学研究所、ES細胞から人工網膜組織の3次元形成に成功

ES細胞から人工網膜組織の形成に成功

独立行政法人理化学研究所は、眼組織のもとである胎児型の網膜組織「眼杯を、マウスES細胞から試験管内で立体形成させることに世界で初めて成功するとともに、生後型の網膜組織全層の立体再構築を実現したと発表した。

これは、発生・再生科学総合研究センター器官発生研究グループの笹井芳樹グループディレクターと立体組織形成・解析ユニットの永楽元次副ユニットリーダーを中心とした研究グループの成果で、理研VCADプログラム、国立大学法人京都大学再生医科学研究所、国立大学法人大阪大学タンパク質研究所の研究者らの協力のもとに進められたものである。

哺乳類の眼、特に網膜はいったん障害を受けると、自然に再生しない。
このため、網膜色素変性症などの網膜変性症には治療法がないのが現状である。

研究グループは、独自に開発してきた細胞集団からの「3次元の自己組織化技術」を応用し、胚の発生を再現する方法でマウスES細胞から試験管内で立体的な網膜組織を形成することに成功した。

更に、この眼杯様の網膜組織をさらに2週間程度、3次元培養を続けることで、生後マウスの網膜に近い神経網膜組織の立体形成にも成功した。
この組織は、神経網膜の主要細胞をすべて含むだけでなく、神経細胞間のシナプスを形成していることも確認されている。

この研究成果は、眼組織に酷似した人工網膜組織を産生することにつながるものであり、黄斑変性症などの治療に期待がもてる。
・コラム
・用語辞典
Copyrights (C) 疲れ目解消の知恵辞典 All Rights Reserved 2008