ビルベリーが網膜の炎症を抑えることが明らかに/眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典典

眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典
TopNEWS>ビルベリーが網膜の炎症を抑えることが明らかに

ビルベリーが網膜の炎症を抑える

株式会社わかさ生活は、慶應義塾大学医学部眼科学教室(所在地:東京都)坪田一男教授ととの産学共同研究で、『北欧産野生種ブルーベリー「ビルベリー」が網膜の炎症を抑えること』を明らかにし、2011年5月1日から開催されているARVO2011(米国、フロリダ州)、2011年5月12日から開催される第115回日本眼科学会総会(東京都)で発表した。

わかさ生活と慶應義塾大学では、「網膜で起きる炎症」に注目し、目の健康成分素材として有名なビルベリーを摂取した場合、「網膜で起きる炎症」が緩和されるか、動物実験を行った。。

その結果、ビルベリーをあらかじめ摂取することで、活性酸素による網膜のサビつきの進行を抑えることが明らかになったとしている。

また、網膜に炎症の起きたマウスではロドプシンが減少するが、ビルベリーを摂取させると、ロドプシンの減少を防ぐことも明らかになったとのことである。

網膜には視機能をつかさどるタンパク質「ロドプシン」が存在するが、ロドプシンは活性酸素や目の酷使によって減少し、これが眼精疲労や視力低下の原因となるとも言われている

さらに炎症によってもロドプシンが減少し、視機能が低下することがわかっており、失明にいたる場合もある。
わかさ生活と慶應義塾大学では、今回の研究結果から、『ビルベリーが網膜の炎症を抑えること』が明らかであり、このことから、ビルベリーを摂取することでぶどう膜炎などの病気を予防し、視機能の維持が期待されるとしている。
・コラム
・用語辞典
Copyrights (C) 疲れ目解消の知恵辞典 All Rights Reserved 2008