興和、緑内障治療薬の結果を発表/眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典典

眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典
Top>NEWS>興和、緑内障治療薬の結果を発表

興和、緑内障治療薬の結果を発表

興和株式会社)は、2011年5月1日〜5日に米国 フロリダで開催されたThe Association for Research in Vision and Ophthalmology 2011(以下「ARVO 2011」)のポスターセッション(Session Number:109)において、国内で開発を進めておりました緑内障・高眼圧症治療薬「開発コードK−115」の第II相臨床薬理試験、第II相用量反応試験および非臨床試験の結果を発表した。

 K−115はこれまでの緑内障治療薬とは異なり、房水の主流出経路に作用し眼圧下降させる薬剤であることから、K−115単独の使用に加え、他の緑内障治療薬との併用効果が期待される。

 興和はこれらの第II相試験の結果に基づいて、第III相試験へ移行し、新規作用機序であるRhoキナーゼ阻害作用を有する、世界初の緑内障・高眼圧症治療薬として承認を得ることを目標に開発を進めていく予定である。
・コラム
・用語辞典
Copyrights (C) 疲れ目解消の知恵辞典 All Rights Reserved 2008