レーシック手術裁判に懲役2年/眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典

眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典
Top>NEWS>レーシック手術裁判に懲役2年

レーシック手術裁判に懲役2年

近視矯正のレーシック手術の際、衛生管理を怠って患者に感染症を発症させたとして業務上過失傷害罪に問われた銀座眼科(東京都中央区、閉鎖)の元院長(49)に、東京地裁は28日、禁錮2年(求刑・禁錮3年)の判決を言い渡した。

近藤宏子裁判官は「医療器具の滅菌など基本的な注意義務を怠った過失は大きく、被害者は人生を狂わされた」と述べた。

判決によると、被告は08年9月〜09年1月、患者7人への手術で感染症を引き起こし、7人には不正乱視など後遺症が出た。

被告は多額の負債を抱え、器具の丁寧な洗浄を省いて手術数を増やそうとした事情があったとも指摘した。

・コラム
・用語辞典
Copyrights (C) 疲れ目解消の知恵辞典 All Rights Reserved 2008