軸索障害による視神経細胞死におけるカルパイン阻害剤の神経保護効果を確認/眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典

眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典
Top>NEWS>軸索障害による視神経細胞死におけるカルパイン阻害剤の神経保護効果を確認

カルパイン阻害剤の神経保護効果を確認

東北大学大学院医学系研究科眼科学分野 中澤 徹 教授らのグループは、緑内障の病態モデル動物に対して、カルパイン阻害薬を投与してその神経保護効果を確認したと発表した。

 緑内障は40歳以上の約5%が罹患し、現在失明原因第一位の疾患であり、働き盛りの成人が失明することによる社会的損失は大きく、失明予防の観点から緑内障治療の研究・開発は緊急の課題である。

現在の緑内障治療はすべて眼圧下降に着目しており、それ以外の作用機序による治療法は存在していない。
特に、日本人は諸外国の緑内障患者と病型が異なり、全緑内障患者の約7割は眼圧が正常範囲である正常眼圧緑内障であるため、日本人の緑内障治療において眼圧降下と異なる新しい治療法の開発が望まれていた。

 本グループは、緑内障の基本病態は「視神経乳頭陥凹拡大に伴う網膜神経節細胞死」であることから、その細胞死を抑制する神経保護治療の開発に着手しており、本研究において、カルパイン阻害薬SNJ−1945は、この緑内障病態モデル動物に神経保護効果があり、緑内障の新しい治療薬となる可能性を示した。

さらに、霊長類における投与試験で治療効果が確認されれば、臨床応用につながって新規緑内障治療薬となることが期待できる。

・コラム
・用語辞典
Copyrights (C) 疲れ目解消の知恵辞典 All Rights Reserved 2008