消費者庁が体の部位別に食品機能表示を検討/眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典

眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典
Top>NEWS>消費者庁が体の部位別に食品機能表示を検討

体の部位別に食品機能性表示を検討

消費者庁が食品やサプリメントの成分が体の部位別にどのようによい影響を与えるかの機能性表示の報告書案をとりまとめた。

企業が健康への効果を実証すれば、企業の責任で体の部位ごとに効能が表示できるようになる。

病気の治療・予防効果をうたうことは認めないが、健康の維持・増進の表記は可能になる。
例えば、「目の健康をサポートします」といった形での、体の具体的な部位を挙げた表記が可能となる。
2014年度末までに導入する方針。

・コラム
・用語辞典
Copyrights (C) 疲れ目解消の知恵辞典 All Rights Reserved 2008