糖尿病網膜症の予防について/眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典

眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典
Top糖尿病網膜症>糖尿病網膜症の予防について

糖尿病網膜症

◆糖尿病網膜症の予防について
糖尿病網膜症の予防は、その原因が糖尿病である以上、いわずもがな、糖尿病にならないように気をつけること、そして糖尿病になった場合には食事療法で血糖をコントロールすること、そして糖尿病になってしまった場合は定期的な眼底検査を受けて早めに対処すること、である。

糖尿病網膜症は新生血管ができることで、症状が悪化する。新生血管の発生によって病状が発生・進行するものには色々な病気があるが、癌もその一つである。
新生血管の現象が認識されたのは19世紀末にさかのぼるが、この分野の先駆者であるハーバード大学のジュダー・フォークマン博士により、動物の軟骨に含まれる成分に血管の内皮細胞の増殖を抑制する作用があることが試験管レベルであるが、明らかとなっている。
そして現在、新生血管の発生を抑制する物質を大量に備えているのが、サメの軟骨である。

サメはガンの発症率は0.0001%と言われるほどガンにはならないことで知られているが、その理由の一つがサメの軟骨がもつ新生血管を抑制する因子のお陰であると考えられおり、このサメの軟骨から抽出したエキスにも新生血管を抑制する効果があることが実験上では確認されている。
このことから、サメの軟骨、又はサメの軟骨から抽出したエキスが新生血管の発生により症状を悪化させる糖尿病網膜症や黄斑変性症の予防や進行の緩和に役立つ可能性はあるかもしれない。

サメの軟骨を摂ろうと思ったら、サプリメントを利用するしかない。

【サメの軟骨サプリメント】
その他、新生血管ができるのを防ぐ働きがあると言われているのが、大豆である。
大豆に含まれるイソフラボンは新生血管の発生を遅らせて、失明の危険を低くする働きもあると言われている。
・コラム
・用語
Copyrights (C) 疲れ目解消の知恵辞典 All Rights Reserved 2008