ウナギの食べ方/眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典

眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典
Topウナギ>ウナギの食べ方

ウナギ

◆ウナギの食べ方
通常、串に刺したものを一度焼き、さらに蒸してからタレをつけて再び焼いて蒲焼きにしたものを、ご飯の上にのせて食べる。このような習慣になったのは天保の時代からと言われる。

土曜の丑の日は年4回あるが、夏の土用の丑の日に、ウナギを食べるようになった理由は正確には不明であるが、夏バテ防止と考えられている。
実際、夏の、他の魚が脂がのっていない時期に、脂肪分が豊富で栄養満点のウナギを食べるのは理にかなっているとも思われる。

なお、ウナギによく似た魚にアナゴがあるが、こちらもウナギほどではないがビタミンAが豊富である。
アナゴはウナギより脂質も半分程度で、カロリーも低く、味もあっさりしていて食べやすい。
・コラム
・用語
Copyrights (C) 疲れ目解消の知恵辞典 All Rights Reserved 2008