目の疲れ解消、眼病予防のためのさまざまな情報を提供します/眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典

眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典
TopビタミンA>ビタミンAとは

ビタミンA

◆ビタミンAとは

ビタミンAは脂溶性のビタミンである。体内に吸収されるには、ミネラルと脂肪が必要となる。

目のビタミンと言われるほど、目の働きにとって重要な働きをするビタミンである。

アルファカロチンとベーターカロチンは、ビタミンAの前駆体である。

目の網膜には光の明暗を感じる感光色素であるロドプシンという物質があるが、そのロドプシンはビタミンAとタンパク質から作られている。

またビタミンAは分解されると、分解されてレチノールになる。レチノールは視覚のもととなっている物質で、目にはレチノールを作るための酵素がたくさん存在している。

レチナールが何らかの理由で生成されなくなると、失明する。

レチノールは動物の肝臓、乳製品、バター、卵など、動物性の食品にだけ含まれる。
但し、ニンジンやほうれん草などに含まれるカロチンは、人の体内で分解されて、レチノールになる。

カロチンは植物性、動物性食品の両方に含まれる。

天然にはレチノール(ビタミンA1)、3-デヒドロレチノール(ビタミンA2)が存在する。

ビタミンAは体内では合成されないビタミンなので、動物は植物等を通して摂ったベーターカロチンが体内でビタミンAに転換されることにより、摂取することになる。
・コラム
・用語
Copyrights (C) 疲れ目解消の知恵辞典 All Rights Reserved 2008