ビタミンCの効能/眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典

眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典
TopビタミンC>ビタミンCの効能

ビタミンC

◆ビタミンCの効能
白内障の予防や治療に効くと言われる。

三石厳氏著書「医学常識はウソだらけ」には、三石氏が1961年にひどく目がかすむので、大学病院の眼科を受診したところ、「白内障で、二〜三年もすれば見えなくなるでしょう」と失明を宣告されたというエピソードが紹介されている。
当時の医学では治す術がなかった白内障であるが、三石氏は、「自分で治してやろう」と考え、色々研究した挙げ句、ビタミンCにいきつき、大量にビタミンCを摂れば「完璧には治癒しなくても、白内障の進行を食い止められる」と自分でビタミンCの注射を始めたという。そしてその結果、白内障を克服したとのことである。

水晶体はもともと、ビタミンCが高濃度に含む器官であるが、白内障患者においては水晶体の中のビタミンCが低濃度か消失している。そこで、ビタミンCの摂取により白内障が改善するというのは十分に考えられることである。

ビタミンCには、強い抗酸化作用がある。

その抗酸化作用により、食品には酸化防止剤として添加される程である。しかも、ビタミンCは自らが抗酸化物質として機能するだけなく、体の中にある他の抗酸化物質の働きを助ける働きもある。

但し、抗酸化作用を本当に発揮するためには、さまざまな栄養のチームワークが大切である。

単独でビタミンCを摂るより、ビタミンEやベーターカロチン、その他のミネラル類をバランスよく摂ることで、それぞれが持つ本来の抗酸化作用が発揮できる。

ビタミンCには、ビタミンEが壊れるとそれを修復する働きがある。このことからもビタミンCとビタミンEは同時に摂ること効果的であると言われる。

また、ビタミンCはコラーゲンの形成に重要な役割を果たす。コラーゲンは体の組織細胞、血管の成長と修復,
骨の形成、皮膚や臓器の弾力性を保つのに重要な物質であるから、ビタミンCは目の細胞や組織にも重要な意味がある。
ちなみにコラーゲンが減少すると、肌のしわやたるみの原因となることがわかっている。ビタミンCはこのコラーゲンを維持する機能がある上に、シミ・そばかすの元となるメラニンの生成を抑える機能もあるので、肌を綺麗に保つにはビタミンCを摂ることが大切である。

ビタミンCの摂取量については、以前は1日100mgが必要な量とされていたが、最近の研究では、北アメリカでは、ビタミンCをサプリメントで摂る場合には、毎日200〜500mgを摂取することが推奨されている。

ビタミンCを摂る場合には、できるだけ日に何回か分けて摂取する必要がある。ビタミンCは一度に摂取すると、排泄されてしまうからである。

1日に1000mg以上といった多量に摂ると、たまに、下痢、頻尿、発疹等が出ることがある。
私は以前、腰痛で病院を診察した際、病院でビタミンCの注射を打ってもらったときに、軽い下痢状態となったことを覚えている。
またシュウ酸及び尿酸結石形成の原因にもなるので、大量に摂ることはあまりお勧めできない。
・コラム
・用語
Copyrights (C) 疲れ目解消の知恵辞典 All Rights Reserved 2008