ホットタオルでの目の温め方/眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典

眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典
Topホットタオル(蒸しタオル)で目を温める>ホットタオルでの目の温め方

ホットタオル(蒸しタオル)で目を温める

◆ホットタオル(蒸しタオル)での目の温め方
ホットタオル(蒸しタオル)は、タオルを水で濡らして絞り、電子レンジにかけて温めるというのが通常だろう。

しかし一工夫することで、更に効率よく目を温めることができる。

<ホットタオル(蒸しタオル)の作り方>
(1)まずタオルを複数枚(通常は二枚でいいだろう)水に塗らす。一枚ではなく複数枚というのがポイントである。

(2)次に、折りたたんで水に濡らす。

(3)更に、それをスーパーで鮮生品を包むためにおかれているポリエチレンの袋で包む。

(4)電子レンジにかけて温める。

あとは、目にかぶせて、温度が下がったら、向き変えたりして、目を温める。

最後に、袋の上からでは温度がぬるくなってきたら、袋から取り出して、タオルの折りたたんであった内側をじかに、目に当てる。

タオルを二枚重ねる タオルを水で濡らす タオルを袋に入れる
(1)タオルを二枚重ねる (2)タオルを濡らして絞る (3)袋に入れる

タオルを電子レンジで温める タオルで目を温める 袋から取り出して目を温める
(4)電子レンジで温める (5)目を温める (6)最後に袋から出して目を温める

この方法で、約10分〜15分はたっぷり目を温めることができる。

ひどい眼精疲労の方は、目が疲れた時、及び、目が疲れる前に、このホットタオルで目を温めることをお勧めする。

なお、タオルを使わずに、市販品で手軽に電子レンジで温める製品も色々と販売されている。
この手の製品は温めるという点では、十分に水分を含んだタオルを利用するよりも劣るが、冷やしても使えるという点では、便利である。

目は、温める場合ばかりではなく、目を冷やすことが必要な時があるので、この手の製品も一つぐらいもっていてもいいだろう。私もいくつか利用している。

こんにゃくをホットタオルがわりに使うという方法もある。
こんにゃくをまず、お湯で十分に温める。そして、タオルで包み、目の上に当てる。
こんにゃくは熱を保持する上に、柔らかく、目を温めるのにも適している。
また、冷蔵庫に入れておけば、冷やすのに使うこともできる。

その他、使い捨てカイロで目を温めるという方法もある。
使い捨てカイロはどこでもいつでも手軽に使えるので、とても便利である。
熱もかなり長時間持続する。
しかし、長時間同じ場所にあてると、低温やけどを起こすこともあるので注意である。

外くるぶしの約4センチ上にカイロの下辺を合わせてカイロを貼って寝ると、翌朝には目の疲れがとれるとの話もある。
・コラム
・用語
Copyrights (C) 疲れ目解消の知恵辞典 All Rights Reserved 2008