サウナに入る際の注意事項/眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典

眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典
Top>サウナで目を温める>サウナに入る際の注意事項

サウナで目や身体を温める

◆サウナに入る際の注意事項
サウナでは、かなり汗が出るので、事前に、そして途中途中で水分を十分に摂ることが大事である。

身体が暖まると、血管が広がり、血液の循環がよくなるが、汗が大量に出て水分が身体から失われると、いわゆる血がどろどろの状態となり、逆効果となる。
TV番組「たけしの本当は怖い改訂家庭の医学」によると、42度ぐらいの暑すぎるお風呂は意識障害を起こして危険だとのことである。

十分に水分を摂ることーこれだけは是非、守っていただきたい。

更に、サウナから水風呂の、または水風呂からサウナに入るといった場合は、急激な体温変化により、心臓にかなりの負担がかかったり、血圧が急に下がることもある。

昨今、お風呂場で血圧が下がり、意識を失い、心臓が止まったり、意識を失って溺死する方は1万人以上いるともいわれているので、要注意である。

心臓が弱い方、年齢のいった方は、あまり急激に熱いお風呂やサウナに入ったり、冷たい水に浸かったりはを繰り返すのは避けた方がよい。
若い人も十分、注意したほうがよいだろう。

サウナを利用する時は、自らの身体の状態をよく考え、不安を感じたら、いきなり寒いところから暑いサウナに、暑いサウナから水風呂に入るということを避け、一旦、椅子に座るなどして身体をならしたほうがよい。

サウナはストレス解消にも大変よい。ストレスは活性酸素発生の原因にもなり、万病の元でもある。
こうした点からも、サウナをうまく活用したいものである。

浴槽につかることでも疲れ目(眼精疲労)はかなり摂れるが、浴槽では首から下だけを主に温め、首から上は間接的に温めることしかできないので、やはり直接、目を温めることができるサウナほどの効果は期待できないであろう。
もしサウナを使わずに目をしっかり温めようとするならば、浴槽の中に顔をつけることである。そうすることでかなり目は温まる。私も時折、この方法で目を温めるが、目の痛みが和らいでいくことがよく実感できる。但し、綺麗なお湯のうちに実行しないと、目にばい菌が入る可能性がある。またその後で十分に目をすすぐ必要がある。

シャワーで目を温めることもかなりの効果がある。但し、この場合は水津光熱費がかさむというデメリットがある。
・コラム
・用語
Copyrights (C) 疲れ目解消の知恵辞典 All Rights Reserved 2008