目の疲れ解消、眼病予防のためのさまざまな情報を提供します/眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典

眼精疲労・疲れ目解消の知恵辞典
Top>用語辞典>アルファカロチン

アルファカロチン

カロテノイドは、カロチンとキサントフィルの二種類に分けることができる。
カロチンには約50種類ほど知られているが、その中で、代表的なものがベーターカロチンがあるが、アルファカロチンも、そのカロチンの仲間である。

ベーターカロチンの半分しかビタミンAに転化しないが、強力なガン抑制効果があるとされる。

また高い抗酸化力を持つ。ベーターカロチンにも強い抗酸化力があるが、ベーターカロチンですべての活性酸素を処理できるわけではなく、アルファカロチンでなければ処理できない活性酸素もある。

アルファカロチンは、西洋ニンジン、かぼちゃ、ブロッコリー、キャベツ、パセリ、トウモロコシ、オクラ、ほうれん草、ミカンなどに多く含まれる。

ニンジンには、色の薄い西洋ニンジンと赤っぽい京ニンジンがあるが、アルファカロチンを含むのは西洋ニンジンの方である。
京ニンジンにはカロチンはあまり含まれず、かわりにリコピンが多く含まれる。
カロテノイド図
・コラム
Copyrights (C)疲れ目解消の知恵辞典 All Rights Reserved 2008